FC2ブログ

稲場圭信の研究室 Keishin INABA

利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する研究、宗教社会学:::稲場圭信(大阪大学大学院教授) Keishin INABA(Ph.D.)'s site for the study of altruism, civil society and religion as social capital.

新刊『ライフヒストリーの宗教社会学』

ライフヒストリーの宗教社会学 紡がれる信仰と人生  川又俊則・寺田喜郎・武井順介(編) ハーベスト社

ライフヒストリー・アプローチによる宗教社会学研究の論文集。あらたな宗教研究の可能性を示す画期的な書である。用語解説と文献解題があるので、大学講義の参考書としても重宝されるであろう。
目次
序章 ライフヒストリー・アプローチと宗教社会学
(川又俊則・寺田喜朗・武井順介)
第1章 宗教的回心とポリヴァレント・アイデンティティ(寺田喜朗)
台湾における生長の家の受容の意味
第2章 信者はいかにして宗教を選択するのか(武井順介)
宗教選択の合理性に着目して
第3章 「2世信者」の信仰形成の過程と教団外他者(塚田穂高)
第4章 キリスト教会を継ぐ者の語り(川又俊則)
〈牧師夫人〉の母から娘へ
第5章 仏教的解釈枠組による家族の絆の再構築(玉川貴子)
富山市における女性真宗門徒の死別体験の語りから
第6章 宗教受容の地域的差異(竹村一男)
地方都市における末日聖徒イエス・キリスト教会
終章 ライフヒストリーと社会学(井腰圭介)

書籍人気ランキング
新刊案内バックナンバーはこちらbook info

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altruism.blog56.fc2.com/tb.php/92-682167de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)