FC2ブログ

稲場圭信の研究室 Keishin INABA

利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する研究、宗教社会学:::稲場圭信(大阪大学大学院教授) Keishin INABA(Ph.D.)'s site for the study of altruism, civil society and religion as social capital.

文化行動特論受講生へ

「先端医療技術と倫理と宗教」5月8日(報告者:M1 寺村ゆかの)の論点です。
■胚の研究・利用と再生医学
・再生医学への期待
・ヒト・クローンとES細胞

 2004年6月23日に開催された総合科学技術会議の第35回生命倫理専門調査会において、
研究目的の人クローン胚の作成・利用を容認する方針が決定。

■「いのちの始まり」の議論を超えて
・現代の生命倫理問題(人胚の利用・研究)に対して、人類の基層的な宗教性、基層的なスピリチュアリテイ(霊性)を基盤に考えてみてはどうか。

・西洋哲学の伝統に基づく政治哲学的な慎重論と、「いのちを超えたもの」に論及する諸宗教の慎重論とつきあわせながら、より包括的な'慎重論を構築していく必要がある。

◎人間の危機は、人が人同士として共感しあい、涙を流しあう能力の衰退ということに関っている。そんそような人間性の危機に応答しようとする個々の感受性は、宗教的なもの、スピリチュアリティなものを含んでいる。

⇒ いのの区分には意味があるのかという問い自体が無効な状況:
人間が利用し、開発するテクノロジーが、倫理、人間自体のあり方、人間性に変更を迫る事態が生じている。

いのちの教育、感謝の念の必要性
西洋近代の我、個人を超えたところの議論。日本古来の人間観(間人主義、察しの文化、間柄、お蔭様)とスピリチュアリティ ⇒ 生命倫理の問題を別次元から照射する。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altruism.blog56.fc2.com/tb.php/75-27d2e5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)