FC2ブログ

稲場圭信の研究室 Keishin INABA

利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する研究、宗教社会学:::稲場圭信(大阪大学大学院教授) Keishin INABA(Ph.D.)'s site for the study of altruism, civil society and religion as social capital.

文化行動特論演習「サード・エイジにおけるライフスタイルと生活満足」

「サード・エイジにおけるライフスタイルと生活満足(報告者:M2 田中 殖大)」の論点です。
ライフスタイルの定義と類型化
 生活資源レベルと生活意識レベルでの分析

ライフスタイルの流動的な視点

具体的な日常生活習慣(生活行動)
個人の行き方や選択傾向(選好:内的行動傾向)

生活資源レベル(社会的属性と生活実態)

生活意識レベル(パーソナリティ・モデル)


生活満足度
 → 行動傾向と内的行動傾向とのズレと関連
 → ズレの大小と満足度には関連性が低い
 → 自分で行動をコントロールしている実感が影響

ライフスタイルの構造
 → 属性は行動を制限し、パーソナリティはその制限された
   行動の選択肢の中から、行動を選択する際に影響

多様な選択肢がある属性の人の方が、生活満足度が高いとは
言えない 
→ パーソナリティによって、自分で行動をコントロールする
  度合いがかわる

『自由からの逃亡』自分で選択しないで、流される現状でも
幸福である場合もある。

ライフスタイルは生活行動だけでは捉えられない