稲場圭信の研究室 Keishin INABA

利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する研究、宗教社会学:::稲場圭信(大阪大学大学院教授) Keishin INABA(Ph.D.)'s site for the study of altruism, civil society and religion as social capital.

履歴

INABA Keishin
稲場 圭信 (いなば けいしん) 1969年 東京生まれ



プロフィール

稲場 圭信(いなば けいしん):1969年、東京生まれ。東京大学文学部卒、ロンドン大学キングスカレッジ大学院博士課程修了。宗教社会学博士。現在は、大阪大学大学院教授(人間科学研究科・共生社会論)。
 2000年、博士号(Ph.D. Sociology of Religion)取得後、ロンドン大学、フランス社会科学高等研究院(EHESS)日本研究所、國學院大學日本文化研究所を経て、2003年4月に、神戸大学助教授(発達科学部人間科学研究センター)。2010年4月に、大阪大学准教授。2016年4月より現職
 2007年、オックスフォード大学およびロンドン大学IOE(教育学院)客員研究員(文部科学省・研究拠点形成費等補助金・海外先進研究実践支援)。
 「宗教者災害救援ネットワーク」(https://www.facebook.com/FBNERJ)、及び「宗教者災害救援マップ」(https://sites.google.com/site/fbnerjmap/)の発起人・共同運営者、「宗教者災害支援連絡会」(https://sites.google.com/site/syuenrenindex/)世話人、「未来共生災害救援マップ」(http://www.respect-relief.net/)運営者。無料オンラインジャーナル『宗教と社会貢献』(http://ir.library.osaka-u.ac.jp/web/RSC/index.html)編集委員長。
 研究分野は、宗教の社会貢献研究、ソーシャル・キャピタルとしての宗教研究、利他主義・市民社会論。
 主要著作として、『利他主義と宗教』(弘文堂、2011)、『思いやり格差が日本をダメにする』(NHK出版、2008)、『Altruism in New Religious Movements: The Jesus Army and the Friends of the Western Buddhist Order in Britain』(大学教育出版、2004年)、稲場圭信・黒崎浩行編著『震災復興と宗教』(明石書店、2013)、稲場圭信・櫻井義秀編著『社会貢献する宗教』(世界思想社、2009)、Ruben Habito & Keishin Inaba eds, 『The Practice of Altruism: Caring and Religion in Global Perspective』(Cambridge Scholars Press、2006)。
 公式サイト「稲場圭信の研究室(http://altruism.blog56.fc2.com/)」

(講演会・セミナーの主催様:ポスターやチラシに必要であれば以下の写真をお使い下さい)

稲場3

稲場2


稲場1


稲場圭信写真


稲場写真a
稲場1
inaba.jpg


履 歴
1988年3月  私立武蔵高等学校卒業
1995年3月  東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業
2000年6月  ロンドン大学大学院博士課程修了(King’s College, University of London, Department of Theology and Religious Studies)


2000年6月、博士号(Ph.D. Sociology of Religion)取得後、ロンドン大学、フランス社会科学高等研究院(EHESS)日本研究所、國學院大學日本文化研究所を経て、2003年4月より神戸大学助教授(発達科学部人間科学研究センター)、2004年4月より神戸大学大学院総合人間科学研究科担当。学部の改組により、2005年4月より神戸大学発達科学部人間行動学科助教授。大学院の改組により、2007年4月より神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授。2010年4月1日より大阪大学大学院人間科学研究科准教授(社会環境学講座・現代社会学)(現在に至る)。
専門社会調査士(2005年10月1日)、防災士(2014年9月25日)、専門宗教文化士(2017年4月1日)

2007年6月-9月 オックスフォード大学、ロンドン大学IOE客員研究員(文部科学省・研究拠点形成費等補助金(海外先進研究実践支援))

関西大学(2003年4月-2012年3月)、大正大学(2004年4月-2006年3月)、神戸親和女子大学(2006年4月-2012年3月)で兼任。


2013年8月、大阪大学総長奨励賞受賞

2015年2月、「第5回防災コンテスト2014」(独立行政法人防災科学技術研究所主催、内閣府・文部科学省後援)優秀賞
 ゼミで取り組んだ以下のプロジェクトがダブルで「優秀賞」を受賞。
  「“気仙沼”震災伝承マップ」
  「豊中国際救援マップ(Toyonaka Disaster Prevention Map)」

2015年7月、大阪大学総長顕彰受賞

所属学会
日本宗教学会、「宗教と社会」学会、日本社会学会 、関西社会学会、日本自然災害学会、日本災害復興学会、日本災害情報学会、日本仏教社会福祉学会、 International Association for the History of Religions, International Society for the Sociology of Religion, Society for the Scientific Study of Religion, Association for the Sociology of Religion



大阪大学学内委員
・人間科学研究科・人間科学部教務委員 H22.4.1~H24.3.31
・人間科学研究科・施設マネジメント委員 H24.4.1~H25.3.31
・博士課程教育リーディングプログラム「未来共生イノベーター博士課程プログラム」運営統括委員、広報・評価WG主査 H24.10~
・人間科学研究科・評価委員 H25.4.1~H27.3.31
・人間科学研究科・部局安全衛生委員 H26.4.1~H28.3.31 ・人間科学研究科・防災対策委員H26.4.1~H28.3.31
・大阪大学職員集会所「さわらび」運営委員会委員 H26.4.1~

・人間科学研究科広報委員長 H28.4.1~




神戸大学学内委員
・人間科学研究センター運営委員 H15.4.1~H17.3.31
・研究推進委員 H15.4.1~H18.3.31
・高大連携特別講義人文科学担当 H16.9
・総合人間科学研究科研究推進委員 H17.4.1~H18.3.31
・社会人入試専門委員 H17.4.1~H18.3.31
・学生委員 H18.4.1~H19.3.31
・社会人入試専門委員 H18.4.1~H19.3.31
・広報専門委員 H18.5.23~H21.3.31
・教職課程専門委員会スクールサポーター担当 H19.4.1~H20.3.31
・現代GPプロジェクト「アクション・リサーチ型ESDの開発と推進」ESDカリキュラム開発3学部合同委員会委員 H19.9
・大学院GPプロジェクト「正課外活動の充実による大学院教育の実質化」、推進プラットホーム学術活動支援グループ委員 H.19.9~
・研究推進委員 H20.4.1~H21.3.31
・安全衛生委員 H21.4.1~H22.3.31



学外活動
一般財団法人「ありがとうインターナショナル」理事
箕面市非営利公益市民活動促進委員会委員
公益財団法人「ユニベール財団」評議員
日本宗教学会理事

「防災と宗教」シンポジウム(2015年3月16日、第3回国連防災世界会議パブリックフォーラム)実行委員
「レクイエムプロジェクト気仙沼2015」実行委員
「コンポジウム気仙沼2016」実行委員、事務局



学内研究費
・大阪大学大学院人間科学研究科「平成28年度ヒューマンサイエンスプロジェクト」「災害時の共生(conviviality)に関する萌芽的研究」(分担)(代表:渥美公秀)

・大阪大学大学院人間科学研究科「平成27年度ヒューマンサイエンスプロジェクト」「利他主義の人間科学の推進」(代表:稲場圭信)
・大阪大学大学院人間科学研究科「平成26年度ヒューマンサイエンスプロジェクト」「利他主義の人間科学の創生に向けて」(分担)(代表:渥美公秀)
・大阪大学大学院人間科学研究科「平成24年度ヒューマンサイエンスプロジェクト」「コミュニティ復興の人間科学の推進」(分担)(代表:渥美公秀)
・大阪大学大学院人間科学研究科「平成23年度ヒューマンサイエンスプロジェクト」「コミュニティ復興の人間科学」(代表:稲場圭信)

外部研究資金
・科研「宗教施設を地域資源とした地域防災のアクションリサーチ」基盤研究(A)(代表)(研究代表:稲場圭信、課題番号26244004) 2014-2018
・科研「東日本大震災におけるコミュニティ復興のアクションリサーチ」基盤研究(B)(分担)(研究代表:渥美公秀,課題番号25282119) 2013-2017
・科研「東アジアにおける宗教多元化と宗教政策の比較社会学的研究」基盤研究(B海外学術調査)(分担)(研究代表:櫻井義秀,課題番号25301037) 2013-2014
・科研「ボランティア行動の規定要因-宗教性と利他主義による国際比較モデルを目指して-」挑戦的萌芽研究(分担)(研究代表:川端亮,課題番号24653117) 2012-2014
・科研「環太平洋における宗教NGOの国際的ネットワークに関する研究」基盤研究(B)(代表)(研究代表:稲場圭信、課題番号23401019) 2011-2013
・科研「欧米多民族社会における日本型新宗教の受容と発展」基盤研究(B)海外研究(分担)(研究代表:秋庭裕) 2011-2015 課題番号:23402044
・科研「無縁社会における宗教の可能性に関する調査研究」基盤研究(C)(分担)(研究代表:宮本要太郎) 2011-2013 課題番号:23610009
・科研「ポストグローバル時代の東アジアにおける階層分化と宗教分化再編」基盤研究(B)(分担)(研究代表:櫻井義秀) 2010-2012
・科研「ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する国際比較研究」基盤研究(C)(代表)(研究代表:稲場圭信、課題番号20520056) 2008-2010
・科研「日本型新宗教のアメリカ合衆国における受容―グローバリゼーション下のSGIの展開」基盤研究(B)(分担)(研究代表:秋庭裕) 2008-2010
・科研「大学における宗教文化教育の実質化を図るシステム構築」基盤研究(A)(分担)(研究代表:星野英紀) 2008-2010
・科研「宗教の社会貢献活動に関わる比較文化・社会学的研究」基盤研究(B)(分担)(研究代表:櫻井義秀) 2007-2009
・科研「市民社会時代のボランティア・利他的精神の発達における宗教の役割に関する国際比較」若手研究(B)(代表) 2005-2007
・科研「グローバリゼーション状況における日本型新宗教の可能性についての比較社会学的検討」基盤研究(C)(分担)(研究代表:秋庭裕) 2005-2007
・科研「サード・エイジャーの生活様式と高齢期における適応行動に関する生涯発達論的研究」基盤研究(B)(2)(分担)(研究代表:小田利勝) 2004-2007
・日本経済研究奨励財団奨励金「慈善活動に参加する青少年ボランティアの利他的精神の発達とスピリチュアリティに関する日英比較研究」(研究代表) 2004-2005
・マツダ研究助成金「慈善活動に参加する青少年ボランティアの利他的精神の発達とスピリチュアリティに関する社会学的研究」(研究代表)2003-2005
・三井住友海上福祉財団研究助成「高齢者に対するボランティアの「利他的行動」と「ケア精神」に関する社会人類学的研究」(研究代表)2002-2003

FC2Ad