稲場圭信の研究室 Keishin INABA

利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する研究、宗教社会学:::稲場圭信(大阪大学大学院教授) Keishin INABA(Ph.D.)'s site for the study of altruism, civil society and religion as social capital.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊案内 Disaster Relief in the Asia Pacific

・Minako Sakai and Keishin Inaba, 2014 "Fostering civil society organizations for disaster relief in Japan: Challenges and prospects for sustainable future operations", in Minako Sakai, Edwin Jurriens, Jan Zhang and Alec Thornton eds.,Disaster Relief in the Asia Pacific: Agency and Resilience, New York, Routledge, pp.52-66.

スポンサーサイト

新年の御挨拶

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。

2013年は海外で2回発表、うち1回はシンポジウム招待講演、どちらも英文出版される予定です。海外でのフィールドワークもボストン、ニューヨーク、シンガポール、ニュージーランド、フィランランドなど充実しておりました。

国内では、伊勢での学会テーマセッションや被災地にある大阪大学野田村サテライトセミナー、院生を引率しての東北フィールドワークなど、貴重な機会も頂きました。

刊行物では、稲場圭信・黒崎浩行編著『震災復興と宗教』明石書店の他、社会向けての発信などにも多少取り組みました。

大学の研究室の耐震工事も終了し、研究室の院生・研究生も10名ほどが熱心に研究、
順調に行けば、研究室から4人の院生が終了、春にはそれぞれの道に進む予定です。

未来共生イノベーター博士課程も順調にスタートしました。

2013年のフライトは、国内線、国外線 合わせて80回を超えました。
地ならしの充実した年でした。

2014年は馬の如く疾走したいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。