稲場圭信の研究室 Keishin INABA

利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する研究、宗教社会学:::稲場圭信(大阪大学大学院教授) Keishin INABA(Ph.D.)'s site for the study of altruism, civil society and religion as social capital.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命の尊厳からとらえるESD

5月26日、ESD論「生命の尊厳からとらえるESD」の講義の論点です。 【“生命の尊厳からとらえるESD”の続きを読む】
スポンサーサイト

宗教と現代がわかる本 2008

平凡社から、『宗教と現代がわかる本 2008』が刊行されました。
私も「テロにおびえるイギリスの宗教と民族」を執筆しました。

渡邊直樹編『宗教と現代がわかる本 2008 (2008)』2008年3月、平凡社

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。