稲場圭信の研究室 Keishin INABA

利他主義・市民社会論、ソーシャル・キャピタルとしての宗教に関する研究、宗教社会学:::稲場圭信(大阪大学大学院教授) Keishin INABA(Ph.D.)'s site for the study of altruism, civil society and religion as social capital.

生命の尊厳からとらえるESD

5月26日、ESD論「生命の尊厳からとらえるESD」の講義の論点です。 【“生命の尊厳からとらえるESD”の続きを読む】

宗教と現代がわかる本 2008

平凡社から、『宗教と現代がわかる本 2008』が刊行されました。
私も「テロにおびえるイギリスの宗教と民族」を執筆しました。

渡邊直樹編『宗教と現代がわかる本 2008 (2008)』2008年3月、平凡社

FC2Ad